新しい年、早くも一週間になりますね。2015-01-06 23.12.14

年末に行き損ねた美容室に、ようやく今日行ってきましたが、そこでとっても嬉しい事がありました。

というのは、担当の美容師さんから今年はピアノを始めたい!というやる気満々のお話を聞いたからです。

いろいろ伺ってみると、小学生くらいまではピアノを習っていて発表会にも出たことはあるけれど、楽譜を読むのが苦手で、ほとんど聴いて覚えて弾いていたようです。

でも中学に進む前にレッスンをやめてしまって・・・

ピアノが嫌いというよりレッスンに通うのが、ちょっとしんどくなったようで、教本もどこまでやったかあまり覚えていないのです。

それが、中学校になってから たまたま合唱の伴奏をやる人がいなかったということで、ピアノ伴奏を弾くことになり、楽譜は苦手だから耳を頼りに随分一生懸命練習したそうです。一度弾けるようになると楽しくて、その曲ばかり弾いていたとか。

 

その彼女が、先日お友達のところでネイルをしてもらうのに待ち時間が2時間ほどあり、そのお部屋に置いてあったピアノを待っている間に弾いてみたそうです。

普段は仕事で忙しく、自宅に楽器もなくピアノなんて弾く機会のない生活。

昔弾いた伴奏曲を思い出しながら何度か弾き直しているうちに弾けたって!

「旅立ちの日に」という合唱曲。その動画を見せてもらいました!

上手~!すごいです。だって、当時から20年くらいはたっているのに。

もう楽しくて楽しくて、2時間ずっとピアノを弾き続けていたというのです。

私は動画を見て泣きそうでした。

小学校高学年から中学校くらいで教室をやめていく生徒さんに、無理をして通わなくてもという思いと、まだもう少し力をつけてほしかったなとちょっぴり残念な思いがあります。

そして「今までレッスンに通っていたことが、将来なにか役立つことがありますように。またいつかピアノを弾きたくなる時が来ますように。」と祈るような気持ちでいるのです。

今日は彼女の話を聞き、動画を見て、なんだか希望を持つことができました。

私の生徒さんではなくとも、とても嬉しいお話です。

強く思うことは引き寄せがあるといいますが、彼女がピアノを弾きたい気持ちでいたところ、友人が電子ピアノを処分したいという話があり、譲り受けることになったそうです。

そしてピアノが設置出来たら私のレッスンを受けてくださるそうです。

とても楽しみです。

 

最近は大人になってからピアノを始めたいという方のお話を本当によく耳にします。

全く経験のない方は、できるかどうか不安に思われるかもしれませんが、例え短い曲、易しい曲でも自分で曲を弾けるということは本当に楽しいものです。とても心が豊かになり、いつからでも始める価値はあると思っています。

是非チャレンジしてほしいですね。