ピアノの練習、イマイチやる気にならない時ってどんな時でしょうか?

思い浮かぶものを並べてみました。

① よくわからない。

② つまらない。

③ 他のことが気になる。

④ 疲れていたり、眠かったり。

⑤ 弾けるようになるという見通しがたたない。

他にもいろいろとあるでしょうけど、

①については、楽譜がきちんと読めるかどうか。楽譜を見ることに慣れているかどうか。次の課題がどういうものか理解できているかどうか。それを確認する必要がありますね。

②については、その練習はなんのためかという目的をはっきりさせる。そしてどう興味を持たせるか。

③は、学校の宿題やテレビ、ゲームのことが気になってピアノ練習に集中できない。これは家庭でのスケジュール管理になりますね。宿題にどれくらいの時間がかかりそうなのか。テレビやゲームの時間は?ピアノ練習の時間は?優先順位をつけて、本人の納得いくかたちで時間を組めるといいですね。

④は見落としがちですが、大きな事かもしれません。疲れていたり眠い時には集中もできないのでピアノに向かってもあまり良い練習ができないでしょう。身体をいつも良い状態にしておくことは、他の面においてもとても大切なことですね。

⑤曲が、本人にとって難しすぎると感じると、気が重くなってしまうかもしれませんね。とても弾きたい曲だったら難しくても頑張れるかもしれませんが・・・ でもよく見ると難しいところは一部かもしれないし、案外弾いてみると弾きやすかったりってこともあります。曲がどんな構成になっていて、大変なのはどの部分で、どんな練習をしたらいいかを説明し、いつまでにどのくらい仕上げるかという目安を示してあげるといいでしょうね。

逆にやる気が出る時は?

★課題がわかりやすく、はっきりしている。

★練習する曲が好きであったり、弾きたいと思っている。

★体調が良い。

★もう少し頑張れは出来そうと感じる時。

など、子供に限らず、大人も同じことが言えますね。

上手にやる気のスイッチが入るようコントロールしていきましょう ♪