大人になってからピアノを始めたいという方が結構いらっしゃいます。

全くの初心者の方は、何からどう学習したらよいのかということからわからないですよね。

楽譜の見方もルールも知らなければ独習も難しいところです。

大人の方の体験では、まずは知っている事、知らない事の確認から。

小中学校では鍵盤ハーモニカやリコーダーをやるのでト音記号の音は、ある程度読める方が多いようですが、ヘ音記号は習わないので、やはり抵抗感を持つ方も多いですね。

譜読みに関して言えば、ピアノには和音が出てくることです。やはり和音にも抵抗感を持つ方が多いです。

そんな方にはコードネームを覚えるという選択もありますね。

また、ピアノは両手で弾いたりしますが、右手と左手が違う動きをすることが多いです。

右手と左手のリズムの違いと、右手と左手の指の違いがミックスしています。

頭で理解できていても、思うように手指が動かないというのはよくあることですが、必死に何回も練習したのに出来なくて諦めてしまうとしたら、ちょっと待ってください。

もしかしたら練習の方法が間違っているかもしれないからです。

手や指の使い方、楽譜の見方、練習の順序など、それぞれちょっとしたコツがあります。

決まった時間が取りにくい大人の方は独習で何とかしたいと思う場合もあるかもしれませんが、そのちょっとしたコツを個人レッスンで学ばれるのもひとつです。

ビデオや動画の教材でも、もちろん学習できますが、個人レッスンでは、その方の特徴や意向に合わせたアドバイスができるので、例え1回きりの単発のレッスンでも受けてみる価値があるかもしれませんね。