昨日、発表会を無事終えることが出来ました。

お天気が心配でしたが、満開の桜もなんとかこの日まで散らずに待っていてくれたようです。桜 大堀

ホールでの発表会はちょうど2年ぶり。今回は初めて発表会に参加する生徒もたくさんいて、なんだか賑やかでした。それに男の子の割合が1/3以上と多い事!

1ヶ月ほど前は、それぞれ曲の仕上がり具合をみながら胃が痛くなる思いでしたが、本番は皆、最後までしっかり弾き切りました。多少のミスのことよりも、緊張と不安でいっぱいの中、今まで練習してきたことを舞台でひとりで発表できたという経験が貴重だと思います。

先生だって緊張もするし、ミスすることもあります。だからみんなの気持ちはとってもよくわかりますよ。

当日は午前中のリハーサルから終演まで、あっという間に進み、これまでかけてきた時間にくらべ、なんとあっけない事か・・・(笑)

発表会というのは確かに準備が大変なイベントですし、ご父兄にもご協力をいただかなければなりません。でも生徒達が自分の演奏をお友達や家族が聞いてくれる喜びを感じたり、お友達の演奏を聴いて刺激を受けたり、またマナーを学ぶ場でもあります。たくさんの事を吸収し、大人になってからも良い思い出として振り返ってもらえたらとても嬉しいです。

今回、初の試みとしてオープニングに園児たちのダンスをやりました。

男の子は最初あまり乗り気でない感じでしたが、ネコ耳カチューシャ(メルカリで運良く入手)とシッポ(クリップに100均の飾りモールをつけたもの)を用意したら、これがお気に召したようでダンスもノリノリでした。

写真 2016-04-03 10 08 37写真 2016-04-04 21 52 27

第1部のソロ演奏は、ひとりひとりよく頑張って弾きました。第2部はピアノ連弾とアンサンブルで、兄弟や親子、お友達、先生と一緒に演奏するので、とっても楽しかったですね。

プログラム最後の全員合唱は曲に合わせて、生徒達のレッスンや合同練習での様子の画像をスクリーンに映しました。普段付き添いに来られないご家族に様子を見ていただきたいという思いで制作しました。

歌っている生徒たちは見ることができないので、これはまた本番での歌を画像と合わせて編集し、ご希望の方に見ていただけるようにしたいと思っています。

最後に生徒・ご父兄一同から花束をいただきました。新しい方や、あまり知らない方もいたかと思うのに、皆様からの温かいお気持ちを大切にして、これからも良い指導ができるよう頑張っていきたいと思います。

2016-04-03 19.09.532016-04-05 00.03.23