楽譜を読むスピードが早い子、遅い子は何が違うのでしょう?

得意な子は一度に楽譜に書かれているたくさんの情報が視覚から入ってきます。

苦手な子は部分的なところしか見ていません。

例えば、和音でいえば一つ一つの音をドとミとソのように追っていくより、形として一度に見た方が早いし、

旋律も「ドレミレ」なら上がって上がって下がるのように、形としてまとめて見た方が早いです。

大きく見て、早くその情報を整理する。

これは視覚的なトレーニングかなあ。

と導入の頃から楽譜をしっかり見る習慣づけを意識しています。

小さい子は、楽譜を見ているようで実は顔が楽譜の方を向いているだけで音符を追っていないなんてこともあります。

そこは注意深く観察を。

「楽譜見なくても弾けるよ~!」と自信たっぷりな時も「すごいねえ。素晴らしい!じゃあ、楽譜を見ながら弾くこともできるかな?」と確認するようにしています。

もちろん耳で覚えて弾けることも大切なことですが、

譜読みに関して言えば、易しい楽譜のころから見ることを積み重ねて、やがて複雑な楽譜を読む力に繋がっていきます。

そこ頑張りましょうね ♪