お天気が今ひとつですが、桜は満開。可愛らしい薄ピンクの花がいっせいに開いて本当に見事です。

さて、そんな中、今日はレッスン中に一人泣かせて?しまいました。

練習があまり出来ていないK君、それでも最初はなんとか頑張って思ったより弾けると感じたようなんです。

それは講師と連弾するようになっている曲なので、「一緒に合わせてみよう!」

と連弾で演奏し始めると、何回やってもどこか1つ上手くいきません。

音や指が違ったり、リピートを忘れたり、右手と左手を間違えたり?

連弾になると自分が弾いている以外の音も聞こえてくるので、惑わされ余裕がないとミスしてしまいますね。

それはよくあることなのですが、ふとK君をみると表情が固まっています。「あれ?どうした?」

その瞬間、パッチリした大きな目からポロンと大粒の涙がこぼれました。

いつも腕白でふざけるのが大好きなタイプなので、ちょっと意外です。

でも「ぼくは・・負けず嫌いだから・・うぅっ・・ちょっとでも・・間違えると涙が出ちゃうんだ・・・」

と泣きながら話してくれました。

うん、悔しいね。負けず嫌いも涙が出ることも悪いことじゃないけど、お家でしっかりと練習するようにしようね。

練習曲も少しずつステップアップしてるからレッスンの間だけでは、なかなか弾けるようにならないのよ。

わかってくれるといいけど。

レッスン室を出たらケロッとして、悔しい思いを忘れていやしないかな (笑)