今日は毎年5月恒例のシニアの歌の会に、伴奏のお手伝いに行ってきました。

会員様の総会の後、懇親会で歌の時間があります。

声を出す、笑う、話すってことは、とても健康的な事ですが、

みんなで声を出して歌えばいっそう楽しいですね。

プログラムは簡単な歌、よく知っている歌がいいということで、童謡などが多く含まれます。

今年はその一つに幼児がよく歌う「かえるのうた」の輪唱がありました。

いくつかのグループを分けてやってみると、なかなか面白くて「もう1回、やりたいわ!」なんて声もあがって盛り上がりました。

また男性の方で演歌のお好きなかたはマイクを持って「北国の春」を熱唱。

まわりの方も聴いているうちに、いつのまにか一緒に歌っています。

演歌って結構ノレるリズムなんですよね。

あまり演歌を聞くことがなかった私ですが、伴奏をするうちに曲がグルグル頭の中でリピートします。

ズンチャカチャッチャ ズンチャ~♫

演歌の魅力もなるほど。

30分ほどの歌の時間でしたが、皆さん笑顔で、気持ちの良いひとときでした。