年明けとともに生徒さんの練習も発表会に向けてエンジンかかってきました。

しかしインフルエンザでのお休みが急増!

早く終息するといいのですが・・・

 

さて、この時期は体験レッスンのお問い合わせが増えてきます。

3~4歳くらいのお子さんの親御さんはピアノを習わせたいけど、ちゃんとできるだろうか?

期待とともに不安や心配があるのも当然ですね。

 

ある程度、数字や文字が読める、右と左がわかる、などの知識があると楽だと思いますが、

それよりも、先生の話が聞けるか、指示に従えるか、受け答えができるか・・・

付き添いの親御さんがハラハラされるのはそんなところだと思います。

小さくても落ち着いて椅子に座っていられる子もいますが、そうでない場合が大半です。

 

体験レッスンの時には、お利口にできたのに・・・?

実際にレッスンが始まり、だんだんと慣れて緊張感が薄れてくると、お喋りが増えたり教室内のいろんな物に興味が行ってしまったり、自由なふるまいが増えてきます。

小さなお子さんにとっては、ごく自然なことです。

30分間、講師と一対一で、指示に従い、質問に答えてと言ったら大人でも疲れてしまいますよね。

幼児は集中力も指示に従う忍耐力も短い時間なので、カード、歌、リズム打ち、など次々とメニューを変えて行いますが、その時の気分で乗ったり乗らなかったり(笑)

でも一年もたてば落ち着いてレッスンできるようになります。小さな集中力や忍耐力の積み重ねですね!

お子さんにやる気があるかどうかは、この年齢ではなかなか自覚できませんから、そんな時は親御さんの気持ちで決めるのもひとつだと思います。

嫌がらずにレッスンに通えるようならOK(^^♪

もし嫌がることが続けば、一旦休会して様子をみるのもいいでしょう。

 

体験レッスンは、教室の雰囲気や講師とお子さんの相性を見ていただくことができる機会です。

 

春は転居や進学などで、入退室の動きがある時期。

今年も新しいご縁を楽しみにしています。