どれみ先生認定講師となりました♪

先日「どれみ先生」の認定試験がありました。

「どれみフレンズ」という教材を使って2~3歳児向けのレッスンができます。

今週その結果が届き、めでたく認定講師として登録することができました!

 

まだ3歳に満たないお子さんの体験レッスン、あるいは生徒さんの弟や妹さん、「いつ頃からレッスンできますか?」

そんなお問合せが増えてきているように感じます。

 

レッスンを始めるタイミングは文字や数字が読めたり、指示がある程度通るようになっていること?

これまで、なんとなくそんな基準を持っていましたが、文字が読めなくても音楽を楽しむこと、ピアノという楽器を弾くための準備はできるのです。

 

どれみフレンズの教材は、とてもよく考えられていて、幼児の注意を弾きやすいことを実感しました。

ピアノの代わりに、まずはベルを使って音を鳴らすことから。

ベルなら指でなくても手のひらを使って簡単に音を鳴らせるので、満足感が得られます。

小さな子でも、ベルを使って自分で曲を演奏できるのは、とっても楽しい事です。

また、ベルを階段の上に並べれば、音の高低も視覚的にとらえることができます。

小さな子には、キャラクターや歌で学ぶことが有効だということがわかりました。

文字が読めなくても、ドーナツの絵をみて「ド」レモンの絵を見て「レ」とわかる。

色よりもキャラクターの方が、強烈に印象に残るようです。

来年からは、就園前の小さなお子さんにもレッスンができるよう、今年は最後の最後まで準備をしていきます。